関税について

ライフプラス社の製品は、2002年10月から円で購入ができるようになりました。
これに伴い、ドル計算から円計算に書き換えました。 2002.10.31(2009.8.7更新)

「関税」って言葉はよく聞きますが、実際に支払った事がある方は少ないのではないでしょうか?
海外旅行からの帰国時に支払うケースもありますが、ここでは、サプリメントの個人輸入時に
かかる関税についてお知らせしたいと思います。

 
関税計算変更について
日本政府は2002年4月1日より個人輸入にともなう関税の計算方法を変更しました。
そのために今までより多くの製品を関税がかからずに購入できるようになりました。
新しい計算方法では、製品価格の60%に通関用為替レートを掛けた金額が、
1万円を超えない場合・関税はかからず、1万円を超える場合・関税がかかります。

(現在は、日本円での購入ですので通関用為替レートは関係ありません)

関税はいくらまでの購入ならかからないのでしょうか?
製品代の合計が1万円以下は関税はかからないので・・・
計算式・・・10,000円×10/6=16,666円
製品を、関税がかからずに購入することが出来るのは、16,666円までということになります。

2009年現在のライフプラス社製品は、1品を除いて(パンフレットも含まない)100円単位です。
その1品・825円という半端な金額の製品は、
【4565 FYボタニカルズ・植物性ボディーローション】です。
この製品を含めた場合、限度額は16,625円。この金額まで非課税なはずです。
しかし、サプリメントの個人輸入と薬事法については複雑な内容もあり、
成分によって税率が違ってきたりします。また個数についても制限があるようです。

サプリメントの個人輸入に関しては、
1)輸入したサプリメントを日本国内で転売または譲渡しないこと
2)商品代金の60%が1万円を超える場合は関税と消費税を支払うこと
3)一度に購入する数量は2ヶ月分を限度とすること となっています。
非課税のはずであっても、限度額ギリギリの購入は避けておいた方が無難かもしれません。
※製品代16,500円でも関税がかかった実体験が、このページの下部に記載しています。


関税・消費税について
関税や消費税はどのように計算されるのでしょうか。
関税がかかるケースについての計算をしてみましょう。

製品購入金額合計の60%相当額が、日本円で1万円を超える場合、
下記の関税と消費税がかかります。
当然ですが、金額の60%が1万円以下の場合はどちらもかかりません。
  
関税率       12.50%
消費税率      4.00%
地方消費税率   25.00% (消費税4%の25%です)
 
例えば、サプリメントの合計金額が20,000円だった場合
1.購入金額(20,000円)の60%に対して、関税が12.5%かかります。
  20,000円×60%×12.5%=1,500円
  支払い関税額は1,500円
2.購入金額の(20,000円)の60%+関税×消費税が4%がかかります。
  (20,000円×60%+1,500円)×4%=540円
  100円未満切り捨てなので、支払い消費税額は500円
3.支払い消費税に対する25%が地方消費税としてかかります。
  500円×25%=125円
  100円未満切り捨てなので、支払い地方消費税は100円

以上の計算から、例題の支払い総額は、2,100円となります。
(1+2+3+=2,100円)
送料は、計算に含まれません。課税対象は製品代のみです。

※ワンポイントアドバイス※
製品代の合計が、関税のかかる金額に達した場合・・・
製品の出荷重量を計算し、関税のかからない範囲で2つに分けます。
(A・B・C・Dと4つの製品だったら、「AB」と「CD」というように。)
そうすると、関税がかからないので、製品到着時の支払いもありません。
また、関税を支払いよりも、安く済む場合がほとんどですので、一度計算してみて下さい。



最後に、関税がかかった場合の納税について
関税を納めるといっても、至って簡単。配達員が配達時に関税を徴収してくれます。
その場で支払ってください。その際、青色の「納税申告書」を置いて行ってくれるので、
念のため、「納税申告書」はしばらくの間は取っておきましょう。

「クレジットカードで買ったのに、何で現金が要るの?」「これって送料」
そんな疑問が起こらないように、関税チェックして下さいね。
支払いの際には何のお金なのか確かめて、詐欺などにはくれぐれもご注意下さい。

余談ですが、、関税ってかかる場合とかからない場合があります。
稀に、「かかるであろう金額」の購入でも、かからなかったりする事があります。
不思議ですね。。


いかがだったでしょう?
計算式は以外に単純ですから、一度試算される事をお勧めします。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
製品代16,500円でも関税がかかった実例の紹介
2002年12月15日の購入分(内容は下記の通り)、16,500円に関税がかかりました。

6192  Proanthenols 100 5,700円
6116  Feminine Balance 4,400円
6102  TVM-Plus 2,400円
6194  Vita Saurus 2,500円
6266  TTO Gold Hand & Body Soap   1,500円
製品代合計   16,500円

宅急便で注文しました。
「関税ギリギリかな?」と思いながらの注文でしたが、配達時に2,000円の関税を納めました。
しかし、税関の間違いで、支払い要求のあった例もいくつかあります。
この場合もそうだったのではないかと思います。

「非課税のはずであっても、限度額ギリギリの購入は避けておいた方が無難かもしれません」
と先述したのは、このような実体験があるからです。


関税がかからないはずなのに、配達員に関税の支払いを求められた場合は、
もう一度関税の計算を確認して頂くよう依頼してください。
税関の間違いの原因として、考えられるのは、ドル計算してしまった場合です。
購入時は、“円”ですので、ドルで計算されるのはおかしいのです。(あくまで推測ですが)
この点を踏まえて、「損をしない」ために、ご確認をお願いします。
私の場合、年末という事もあり、面倒なので調査依頼をせずそのまま支払ってしまいました。

これも、先述しましたが、関税・消費税の納税については、至って簡単です。
輸入(納税)申告書 (内国消費税等課税標準数量等申告控兼用)というもの。
青色の書類でした。配達員に記載されている金額を支払えば納税完了です。

【関税及び消費税】というのは、日本の個人輸入の規定に基づき、日本国が徴収するものです。
“基準”は、変更や例外などがありますので、疑問点などは、最寄の税関もしくは、
配送業者の関税担当者へお問い合わせ下さい。

みなさん、関税にはお気をつけ下さい。(^^;

 


 
 トップページ  全製品一覧・価格表  購入方法
 ライフプラス社概要  代表製品  2回目以降の注文者
 ライフプラスNEWS  新製品の紹介  過去に注文したことがある方
 フリーラジカル(活性酸素)  ダイエット製品  特典いっぱい!ASAP会員
 ピクノジェノール(活性酸素対策)  正しいダイエット?  気になる送料一覧表
 お得なパック製品  製品の発送方法
 管理人の部屋
 スキンケア製品  関税について  ご質問・ご感想等
 パーソナルケア製品  個人輸入について  よくある質問 Q&A
 目的別で選ぶサプリメント  30日間の返金保証システム  キャッシュバック



こちらはライフプラスメンバーによる情報発信サイトです。
ライフプラス社のオフィシャルホームページはこちら

全 ペ ー ジ 無 断 転 載 禁 止 !