ピクノジェノールの紹介
 トップページ

日本にも上陸した、欧米で人気の抗酸化物質

  ピクノジェノールとは?

ピクノジェノールは、フランスの南西部のボルドー地方とピレネー山脈の間の大西洋沿岸に
生育する「フランス海岸松」と呼ばれる海洋性松の樹皮より抽出された抗酸化物質です。
最近の研究で、ビタミンCやEよりも、活性酸素を撃退する抗酸化作用が強いことが判明し、
欧米では大反響を呼び、生活習慣病予防・老化防止の決定版として、大きな注目を集めて
います。

  ピクノジェノール発見の歴史

このピクノジェノールには、60%以上のプロアンソシアニジンと40種類以上の有機酸が
含まれており、古くはカナダ・ケベック地方のインディアンたちが、そこに生育する松の
樹皮からの樹液を、薬として用いていたと伝えられています。

航海と探検に明け暮れた、1535年、カナダを探検していた探検家カルティエは、
船員110人のうち25人を壊血病で失い、(当時は探検にかり出された船員達の多くは、
ビタミンC不足による壊血病で命を失いました)残る85人のうち50人も瀕死の重傷で
あえいでいたところ、ケベックインディアンからアネダという松の樹皮を煎じたお茶を与えられ、
重傷者も快癒したという記録が残されています。

その400年後、ケベック大学の客員教授だったマスカリー教授は、フラボノイドの供給源を
求めて、たくさんの植物を研究していました。(フラボノイドとはほとんどの植物に含まれる、
太陽光線の遮光剤として使われ、遺伝子を保護する物質です。人間の体に入ると、
毛細血管や赤血球、細胞を保護し、また活性酸素除去に働きます)

やがて教授はフランス海岸松の樹皮に、生体に有効なフラボノイドが多量に含まれることを
発見しました。また、これが歴史に残るアネダという松の樹皮の成分に酷似していることも
つき止めたのです。

そして過去30年に渡り、世界各国の科学者たちによる研究の結果、
ピクノジェノールの化学構造式、効果、無毒性につい検証してきました。

 ライフプラス社概要
 ライフプラスNEWS
 フリーラジカル(活性酸素)
 ピクノジェノール(活性酸素対策)
 全製品一覧・価格表
 代表製品
 新製品の紹介
 ダイエット製品
 正しいダイエット?
 お得なパック製品
 スキンケア製品
 パーソナルケア製品
 目的別で選ぶサプリメント
 購入方法
 2回目以降の注文者
 過去に注文したことがある方
 特典いっぱい!ASAP会員
 気になる送料一覧表
 製品の発送方法
 関税について
 個人輸入について
 30日間の返金保証システム
 管理人の部屋
 ご質問・ご感想等
 よくある質問 Q&A
 キャッシュバック

  ピクノジェノールの特性

これまで発見されたことのない非常に強力な天然の抗酸化物質。
ビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍以上の効果があるという研究結果もあります。
ビタミンCやEの生理活性効果を上げ、抗酸化物質として体内の血管を守り、
皮膚の損傷(老化)、各種炎症、 その他活性酸素によるダメージから細胞を守る働きをします。

高い抗酸化機能を有する特異なフラボノイドに属するということ、また、ビタミンEやC、
そしてコラーゲンの増強剤でもあるといわれます。さらに臨床研究によると、
抗酸化物質は老化を防止し、ガン・心臓病・脳血栓などの生活習慣病の危険率を下げ、
関節炎・アトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギー体質の改善にも役立つとも言われています。
(ピクノジェノールはアレルギーを抑制する抗ヒスタミンとしての働きもします)

  お肌のためにもピクノジェノール

体の中から美しくなる”飲む化粧品”として、アメリカで注目を浴びているのも「ピクノジェノール」
です。私たちの体を構成しているタンパク質ですが、その中でもっとも多いのが全体の25〜
30%を占めるコラーゲンという弾力のある繊維状のタンパク質です。特に皮膚は、このコラー
ゲンを主成分としています。そしてコラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせません。
コラーゲンが健やかなら、肌は強く張りがあり、滑らかさを保つことが出来るのです。
しかし、人間は体内でビタミンCを合成できません。食物から得るビタミンCだけが頼りですが、
ピクノジェノールは摂り入れたビタミンCを保護し、その効力を大きく増強し、コラーゲン生成に
役立つのです。 また、細胞と細胞をつなげる組織でもあるコラーゲンは、毛細血管を保護する
役割も持っています。コラーゲンが健康であれば、毛細血管も快調に働き、細胞ひとつひとつに
栄養が運ばれ、皮膚をはじめとする細胞は若さを保つことができるのです。
ピクノジェノールまた、それ以上にすばらしい働きもします。
ビタミンCを保護して強化するだけでなく、コラーゲンや、皮膚の結合組織の必須成分である
エラスチンに直接結合して、それらを再編成し、無傷の状態にしてしまうのです。
これは、できてしまったシワさえ取り去ることを意味しています。
コラーゲン繊維を水に入れて、重りをつけると、若く元気な繊維ほどよく伸びます。
このとき水中にピクノジェノールを溶かすと、コラーゲンとピクノジェノールが結合し、
ピクノジェノールの量に比例して、コラーゲンがより長く伸びることが確認されています。

そのほか、体内のエラスチン繊維を分解してしまう酵素の働きを、抑えることも証明されています。
さらにピクノジェノールは、皮膚ガンや日焼けによるシミやシワなど、皮膚の酸化ともいえる紫外線
障害の防止にも有効です。太陽光線は皮膚の50%を破壊する事が可能だと言われていますが、

実験の結果、ピクノジェノールを与えられた皮膚は、15%しか破壊されませんでした。
また、ピクノジェノールはアレルギーを抑制する抗ヒスタミン剤としての働きをするため、
肌にアレルギー性の症状が現れた場合でも、その改善に期待が持てます。

このピクノジェノールはライフプラス社の”プロアンセノルズ”という製品に含まれています。

  類似品にご注意下さい!

ライフプラスの「プロアンセノルズ」は、ピクノジェノールをさらに研究し、
世界最高品質のものにした「OPC-85」を配合してあり、100%体内吸収が可能です。

また、90%以上の活発な成分で出来ています。
類似品に「葡萄の種と海洋性松の粉末含有」と表示してある他社の製品がありますが、
それらには、実際0.5% しか有効成分が含まれていない例もあり、その場合、100mg
摂取したとしても0.5mgしか、吸収できないということになります。
他社の類似品とは比べものにならないのが「OPC−85」なのです。
ピクノジェノールの発見者でもある、マスカリー博士の特許抽出方法による
ピクノジェノール以外では、せっかくの葡萄の種と海洋性松の樹皮を原料と
するものでも、ほとんど意味のない結果となるでしょう。

100%体内吸収可能な最強の抗酸化物質(ビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍の働き)の
プロアンセノルズ」は、毒性の強い活性酸素から体を守り老化による様々な症状に
効果を発揮し、コラーゲンの保護や、血管を強化し、免疫力を高めます。
ビタミン等の抗酸化剤との決定的な違いは血液-脳障壁を越えられる点で、
脳と神経組織を酸化から守る助けをします。

    (主な働き)
  アレルギー体質改善      (花粉症、アトピー等)
  脳血栓など生活習慣病予防 (心臓病、ガン、糖尿病、白内障、関節炎等)
  慢性疲労症候群        (活性酸素からの赤血球破壊を予防)
  美肌、育毛            (コラーゲンの保護)
  集中力の向上          (血行改善による)

プロアンセノルズ




こちらはライフプラスメンバーによる情報発信サイトです。
ライフプラス社のオフィシャルホームページはこちら

全 ペ ー ジ 無 断 転 載 禁 止 !