【コールド・プロセス製法】
 トップページ

 ライフプラス社の製品はコールドプロセス製法という「低温処理製法」により
 サプリメントを作ります。35度から37度の温度帯でゆっくりと成分を固める製法です。
 ビタミン・ミネラルは熱とは無縁の環境で働く栄養素です。
 ナチュラル栄養素の組織を壊さないように、本来は低温加工をすべきものなのです。
 熱処理であれば錠剤を作る為には安価であり簡単であり、しかも早く出来るという事で
 ほとんどのメーカーが採用しています。
 しかし少々コストや手間がかかっても、本来は37度以下の温度で時間をかけて内容成分を
 壊さないように作るのが人間の体内で働く「栄養補助」を考えた場合、当然と言えるでしょう。
 ライフプラス社は当たり前の事をやっているに過ぎないのです。

 そしてライフプラスの製品には全て酵素が含まれています。酵素はビタミン、ミネラルよりも
 更に熱に弱く、加工食品を取ることで酵素を取る機会を失っていると指摘するのは、
 日本の栄養ジャーナリストの草分け的存在、丸元淑生先生です。
 丸元先生は言います。「生ものがある程度占めることが大事なんです。つまり食事の何%が
 生でとる。果物をそのまま食べたら生ですよね、漬物も生ですよね。大根おろしも生ですよね。
 そうやって、食事の中で、ある量を生がずっと占めていたのが食の伝統の一つなんです。
 生というと何を意味しているかといいますと、酵素があるということなんですよ。
 動物、植物すべて生命体、ウイルスに至るまで酵素を持っています。
 これが生命活動の根源で、酵素は40℃以上になると壊れ始めますから、40℃を超えると
 すべての生命体が死に近づきます。
 例えば、煮るという調理は100℃で加熱することになりますので、酵素は完全に壊れます。
 ですから、加熱調理したものだけを食べていると、全く酵素はとれません。」

 ボブ・レモン社長も同じ事を言っています。「熱したフライパンに卵を割ると、どうなるでしょうか。
 酵素を熱すると、同じように激しい化学変化が起こるのです。40度以上の熱処理が加われば、
 あらゆる酵素が破壊されてしまいます。体内で機能しなくなってしまうのは明らかです。」
  熱を加え、良く煮込んだ大根や、じゃがいもは美味しいものです。
 我々の味覚はそれで満たされますが、細胞の為の栄養素、食物繊維という事を考えると、
 壊れたものしか与えていない事になります。
 栄養失調状態を引き起こしてもやむを得ません。皮肉な事に「飽食の時代の栄養失調」が
 起こっています。これを「新・栄養失調」や「現代型栄養失調」という呼び方をしているようです。

 食事であれば、加熱調理もやむを得ません。その食事で摂りきれない栄養素を補う為の
 「補助食品」の栄養素に熱を加え「壊れかけ」のものが使われているとすれば、
 本末転倒ではないでしょうか。
 「栄養補助」という目的を無視し、「製造過程」の低コストを重視する錠剤屋さんが国内にも
 多いようですが、ライフプラスは目的を果たす為、有効性の高い栄養素を保持した製品作りを
 しているのです。
 ライフプラス社概要
 ライフプラスNEWS
 フリーラジカル(活性酸素)
 ピクノジェノール(活性酸素対策)
 全製品一覧・価格表
 代表製品
 新製品の紹介
 ダイエット製品
 正しいダイエット?
 お得なパック製品
 スキンケア製品
 パーソナルケア製品
 目的別で選ぶサプリメント
 購入方法
 2回目以降の注文者
 過去に注文したことがある方
 特典いっぱい!ASAP会員
 気になる送料一覧表
 製品の発送方法
 関税について
 個人輸入について
 30日間の返金保証システム
 管理人の部屋
 ご質問・ご感想等
 よくある質問 Q&A
 キャッシュバック





こちらはライフプラスメンバーによる情報発信サイトです。

ライフプラス社のオフィシャルホームページはこちら


全 ペ ー ジ 無 断 転 載 禁 止 !